プロフィール

かなり複雑なハーモニーもきちんと歌い切る力を持ち、しかもやわらかく、あたたかく声を響かせる。聴いていて心がなごむ

- 読売新聞

ジャズからゴスペル、ブルースまで様々な要素を絡ませた独自のサウンドを聴かせている。圧倒的なパワーとテクニックをもつ彼ら、すでに貫禄十分だ

-CDジャーナル

桁外れのスーパー・テクニック・ボーカルに、思わず拍手をおくりたくなる

-毎日グラフ・ アミューズ

Vox One is Paul Pampinella, Paul Stiller, Jodi Jenkins Ainsworth,
Yumiko Matsuoka, and Tom Baskett

米国ボストンのバークリー音大生で結成されたVox Oneは、結成から30余年を経て、今も尚世界のアカペラ界で注目を集めるボーカルジャズグループである。その音楽は並外れたジャズのテクニックと、あくなき探究心、彼らを愛する聴衆への想い、そしてメンバー間の深い尊敬に支えられている。1988年のバンド結成以降、海外移住のため一時的に離れたメンバーもいたが、現在はオリジナルメンバーに戻り、サウンドを磨き続けている。

 

米国内外の単独ツアーを筆頭に、レイ・チャールズ、シカゴ、パースエイジョンズ、ウッディ・ハーマンオーケストラやカウント・ベイシーオーケストラの前座を務めるなど、その経歴は華やかだ。ジャズを基調としつつ、ブルース、ファンク、ゴスペルやフォークの要素も取り入れ、なじみ深いカバー曲からオリジナルまで、全てがVox One風に調理される。

これまでリリースされたアルバムは5枚。中でも2枚目の「Out There」はCASA (Contemporary A Cappella Society)アカペラレコード大賞で、最優秀アルバム、最優秀ジャズ曲、最優秀R&B曲の栄誉に輝いた。デビューアルバム「Vox One」について、CASA は「独創的なアレンジとソウルフルな閃きがある。リード、アレンジ、ボイパなど全てが素晴らしく気品がある」と評している。サンフランシスコ・エグザミナー紙は「実に大胆で独特」と称え、ボストン・マガジン誌は「このジャズクインテットは発声しうる、あらゆる音をファンキーに駆使する。そのプロセスはあまりにも巧妙で、聞き手が思わず拍手せざるを得ない、いや踊り出さずにはいられない」と絶賛した。

 

そんな彼らの真価が遺憾なく発揮されるのがライブである。高校生からプロ音楽家まで、幅広い聴衆を魅了するエネルギー、ユーモア、そしてメンバー間の阿吽の呼吸。ライブでほぼ毎回歌われるインプロビゼーション(即興演奏)も、実力派のVox Oneならでは。その瞬間、その場でしか味わうことのできない、貴重な音楽体験となっている。五声とは思えない、豪華な音を紡ぎつつ、この5人がいて初めて生まれるユニークな世界が広がる。

 

山下達郎も真っ青の、複雑かつ洗練されたハーモニーには自然と心が洗われる

-Fineboys

トム・バスケット

コロラド州出身。ベース担当だが、広い音域を駆使したソウルフルなソロも聴きどころ。過去30年に渡りアフリカ、アジア、ヨーロッパ及び米国内で数々の演奏やプロデュース活動を続けている。テレビやラジオCMに加え、他アーティストの作品にも参加。

元牧師の経験を生かし、母校及びボストン広域で、芸術性、プロ意識、崇高な精神性、さらに歌手としてのテクニックを統合する指導を行なっている。彼の教え子の多くは、米国で名高い「ザ・ヴォイス」「アメリカン・アイドル」「ザ・シング・オフ」等のテレビ番組や「ハミルトン」「カラー・パープル」「モータウン」「ライオン・キング」等のミュージカルにも出演している。

ジョディ・ジェンキンズ・エインズワース

ルイジアナ州出身。ソプラノとして1991年より参加。グループ外でも、テレビやラジオCMを多数録音。様々なバンドでの経験を生かしつつ、20年間に渡り声楽の指導にあたっている。バークリーでは声楽科の教授として、あらゆるスタイルとテクニックに通じており、得意分野はゴスペル、R&B、及びジャズ。アカペラグループや教会の賛美歌チームへのクリニックや、コンクール審査員の経験も豊富である。

ポール・パンピネラ

ニュージャージー州出身。バリトン、ベース、ボイパもこなす、マルチな才能。Vox Oneの中心的な作編曲者の一人で、幼少時からテレビやラジオCMを多数録音。2002年からバークリーの声楽科で教え、それ以前はVox One及びFive O’clock Shadowのメンバーとして、米国や日本をツアーで廻った経験も持つ。メキシコのスペース・エイジ・ポップの代表Juan Garcia Esquivelの曲を演奏するMr. Ho’s Orchestrotica、スイングのVintage Vocal Quartet、ロックのStack & Paulなどでも活躍。

ポール・スティラー

NY州出身、ミネソタ州育ち。テナー、ボイパ担当。作編曲、アルバムのプロデュースを手がける。1995年以来イヤー・トレーニングと声楽を教えている。バークリー以前も数々のバンドでキーボード奏者として活動し、有名アーティストの前座経験も豊富。プロデューサー、アレンジャーとして他アーティストのサポートに加え、テレビやラジオCM録音も多い。2012年バークリーの最優秀教諭賞受賞。2013年にはもう一つの母校、ウィスコンシン大オー・クレア校の卒業生最優秀業績賞を受けた。

松岡由美子

東京出身。アルト担当。国際基督教大学 (ICU) 卒業後、外務省外郭団体に勤務するが、高校時代に魅せられたアカペラの夢を実現させるべく、1986年ボストンのバークリー音大に留学。88年にVox One結成。卒業後同校スタッフを経て、95年よりイヤー・トレーニング科で教鞭をとる。

 

Vox Oneの楽曲のみならず、国内外のアンサンブルに多くの作品を提供。2008年自身の過去20年の作品集を発表。北コロラド大ジャズプレスより楽曲を出版。2013年には、カワイ出版よりイギリス民謡の編曲集が出される。1998年よりニューヨークのWestern Windが主催するワークショップで活躍する他、日本のアカペラ振興、歌手養成にも力を入れている。松岡由美子 個人サイト:https://ymymusic.com/

© 2020 Vox One

  • Black Facebook Icon
  • Black YouTube Icon